Message株主・投資家の皆様へ

霞ヶ関キャピタルでは、経営陣がこれまでに投資市場で培った鋭いマーケット感覚に基づき
「成長性のある分野」かつ「社会的意義のある分野」にて事業展開をいたしております。

霞ヶ関キャピタルは2018年11月28日をもちまして、東京株式証券取引所マザーズ市場へ上場いたしました。
ここに謹んでご報告させていただくとともに、皆様のご支援ご高配の賜物と心より感謝申し上げます。

  • 1再生可能エネルギー発電所の開発

    エネルギー問題への取組みは、次世代に向けた私たちの使命です。
    日本政府が掲げる2030年度エネルギー・ミックス方針の実現に向けて、
    私たちは太陽光を始めとした再生可能エネルギー発電所の開発事業を推進します。

  • 2社会問題のソリューションとしての不動産ビジネス

    「観光立国の実現」「待機児童ゼロ」「空き家問題の解消」これらを実現することが、
    私たちの不動産ビジネスの目的です。私たちは「不動産」×「金融」の視点から、社会問題のソリューションを提供いたします。

  • 3"豊かな"生活インフラとしてのショッピングセンター

    大量消費社会からの脱却は、社会の持続可能性に関わる課題でもあります。
    東日本大震災で被災したショッピングセンターを再生させるにあたり、地域との密着と循環を大切にしてまいりました。
    私たちは、大量消費に依存しない"豊かな"生活に役立てる施設づくりを行います。
    「霞ヶ関キャピタルの成長」=「より良い社会への前進」という図式こそが私たちの存在意義であり、
    株主を始めとしたステークホルダーの皆様への恩返しだと考えています。
    これからも皆様からのご支援を賜れますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長河本 幸士郎