Conflict利益相反管理基本方針・反社会的勢力による被害を防止するための基本方針

利益相反管理基本方針

当社は、お客様との取引に伴う利益相反によりお客様の利益を不当に害することのないよう、法令等の規定を遵守し、適切に業務を管理・遂行することを目的として、本方針を定めます。

1.利益相反取引の定義

「利益相反取引」とは、当社とお客様との間で利益が相反する状況または当社等のお客様相互間で利益が相反する状況により、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引をいいます。

2.利益相反取引の特定および類型

当社は、利益相反取引を下記(1)~(4)の類型に分類・特定し、お客様の利益を不当に害することのないよう管理します。
  • 当社等とお客様との間で利益相反が生じる取引
  • 当社等のお客様相互間で利益相反が生じる取引
  • 情報の不適切利用による取引
  • 上記(1)~(3)以外で、利益相反によりお客様の利益を不当に害するおそれのある取引

3.利益相反の管理方法

当社は、利益相反取引の管理方法として、以下に掲げる方法を適宜選択し、または組み合わせることにより、利益相反取引の管理を行います。
  • 利益相反取引を発生させる可能性のある部門を分離する方法
  • 利益相反取引の一方又は双方の取引条件または方法を変更する方法
  • 利益相反取引の一方の取引を中止する方法
  • 利益相反取引となることをお客様に開示する方法
  • 上記(1)~(4)以外で、その他適切な方法

4.利益相反の防止措置

当社は、利益相反により当社のお客様の利益が不当に害されると判断される場合には、取引条件の変更、取引の中止、当該事実の顧客への開示、契約書への規定などの措置をとることがあります。

反社会的勢力による被害を防止するための基本方針

霞ヶ関キャピタル株式会社は、反社会的勢力に毅然とした態度で対応し、これとの関係を断固として遮断するため、以下の反社会的勢力に対する基本方針を定め、役職員一同これを遵守します。
  • 反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。
  • 反社会的勢力による不当要求に対しては、組織全体として対応し、対応する役職員の安全確保に努めます。
  • 反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。
  • 反社会的勢力による不当要求に対しては、すべて拒絶し、民事・刑事の両面から法的対応を行います。
  • 反社会的勢力との裏取引・資金提供は絶対に行いません。