当社の歩み

当社は、東日本大震災で被災したショッピングセンターフォルテの取得及び再生を目的とした合同会社の設立により事業を開始いたしました。

設立以降の当社に係る経緯は以下のとおりであります。

2011年9月 宮城県仙台市において当社を設立し、ショッピングセンター事業を開始
2013年6月 ショッピングセンターの屋上に太陽光パネルを設置し売電を行い、自然エネルギー事業を開始
2014年3月 伊豆の国太陽光発電施設(静岡県伊豆の国市)を開発(注1)
2014年9月 笹塚マンション開発に係るコンサルティングを行い、不動産コンサルティング事業を開始
2014年10月 群馬千代田太陽光発電施設(群馬県)を取得し、自社発電施設として売電開始(注2)
2015年3月 三重久保太陽光発電施設(三重県)を取得し、自社発電施設として売電開始(注2)
高千穂太陽光発電施設(宮崎県)を取得し、翌月より自社発電施設として売電開始(注2)
2015年6月 合同会社から株式会社へ改組
2015年8月 当社の商号を現在の霞ヶ関キャピタル株式会社に変更
本社を東京都千代田区霞が関3丁目7番1号に移転
資本金を95,000千円に増資
合同会社六戸メガソーラー(六戸太陽光発電施設の開発SPC)を吸収合併
合同会社GPインベストメント(高隈太陽光発電施設の開発SPC)を吸収合併
2015年10月 合同会社グリーンパワー(伊豆の国太陽光発電施設の開発SPC)を吸収合併
合同会社メガソーラー1号(四万十太陽光発電施設の開発SPC)を吸収合併
2016年2月 合同会社山元第一(山元第一太陽光発電施設の開発SPC)を設立
2016年7月 合同会社山元第一を営業者とする匿名組合山元第一を連結子会社化
2016年10月 連結子会社である匿名組合山元第一の出資持分を売却
2017年3月 鹿児島加世田太陽光発電施設(鹿児島県)を取得し、自社発電施設として売電開始(注2)
2017年7月 本社を現在の東京都千代田区霞が関3丁目2番1号に移転
2017年8月 資本金を170,000千円に増資
2017年9月 小型陸上風力発電施設(北海道松前郡)を開発(注1)
2017年10月 大阪大正区物流センター太陽光発電施設(大阪府大阪市)を開発(注1)
2017年11月 宅地建物取引業者免許を取得

(注1)各自然エネルギー施設に係る匿名組合出資又は権利譲渡を受けた日を開発の定義としております。
(注2)各太陽光発電施設の引き渡しを受けた日を取得の定義としております。

pagetop